<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
バック・ウォーター〜ケララ
バックウォーターと言えば、ケララ。素晴らしい運河の景色が広がる。

バックウォーターの船ケララの美しい自然と人々の生活を垣間見る事ができる。南国の木々(椰子の木、バナナの木など)や、水鳥たち、トビウオがお迎えしてくれたり、陸の上には水田や野原が広がり、牛、ヤギなどなど、自然ともたくさん触れ合える。


写真は、飾り舟。大きいので、部屋やダイニングも付いて、食事することもできる。

< 説 明 >
バックウォーターは、二つの船着場から出発している。アレッピーとクイロンだ。
この間を船で行くとすると8時間もかかる。その場合は食事やお茶休憩など途中でお店に立ち寄り、取ることもできる。

でも、時間がある場合は良いが、時間がない場合は、それぞれの船着場から「○○時間でお願いしたい」と希望を言うと、その時間で値段を出してくれる。
また、乗り合いボートもあれば、個人で小さいボートをチャーターしても良い。予算に合ったプラン(時間・ルート・船)を選ぼう。
*目安として、2〜3時間もあれば(暑い時間の場合、長時間はとても大変。病気になる可能性有)、充分満喫できる。

< こんなことも!? >
人々も気さくで「ハロー!」と手を振れば、「ハロー」と気軽に手を振ってくれる。明るいケララの人々。運河で貝を拾いに潜っている人は近くで会うことができる。
*(搭乗前に教えてくれるが)一応、普通の人々の生活圏なので、見られて嫌な人もいるから、それなりのモラル・注意も必要。

< 途中下車で宿泊も可能 >
途中にはたくさんの美しいリゾートホテルがある。そこを目当て(1泊目的で)に乗っても良い。その場合は、船の操縦士にお願いしたら、何箇所か連れて行ってくれる。気に入った場所を選び、空き部屋があれば、宿泊可能。西洋人が多く利用している。

バックウォーターの景色写真はバックウォ−ターからの美しい景色。
お泊りの場合は、この景色を一日中眺める事もできれば、オプションで、クルージングやホテルが用意しているサンセットクルーズなど、満喫できる。


バックウォーターはケララと南インドを一番満喫できるお勧めのプラン。
アレッピーは、コーチンから公共のバスもあるが、ケララの人も多い。タクシーで移動した方が無難。
− − − − − − − − − − − − − 
ツアーの申し込み・その他のお問い合わせ受付窓口について

会社名 : Peepal Travel Pvt.Ltd
受付者名:Manoj Prakash
住所:Nathu Singh complex,92B/5−2nd floor,Munirka,New Delhi,India
mail address: naturemax@msn.com (日本語可)
        naturemax@infoseek.jp(日本語可)

口頭でのやりとり・混乱を防ぐ為に、まずはMAILでのお申し込みをお願い致します。
素早く対応させて頂きますので、どうぞご安心を!
| 魅惑の南インド | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://indotour.jugem.jp/trackback/8