<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ニューデリーでホテル探し
ニューデリーなど、インドの大都市ではホテルの価格が沸騰しています。
ご存知ですか?

バンガロールのホテルの価格は世界一になってしまっているようです。
その理由は・・・
インド人気にホテルの数が追いつかないそうです。

現在、ニューデリーでも、5スター・ホテルは、150$以下で確保できる所はほとんどありません。また、9月から価格上昇すると公表されています。

下記には、主なスターホテルを記入しました。参考にどうぞ。

<インドはチップが必要>
目安としては、ポーターなどには10ルピー、簡単なルームサービスや枕の下には、1ドル程度、食事には一般には食事の10%のチップを支払っています。あくまでも目安としてです。

<安宿について>
安宿を探されている場合、ニューデリー駅の前のパハルガンジに行かれる方も多い様ですが、行方不明になっている一人旅をしている日本人も多くいます。
安宿ご利用は十分な知識が必要です。

また、インドはHIVエイズが深刻な国家としてUNでも名を上げられています。
インド人のモラルが崩壊しようとしている現状で、エイズの事も知らないインド国民が未だにたくさんいます。売春などでは特に危険な現状です。こういう内容はしっかりと知る必要があると思います。

ニューデリーに来られる前やニューデリーに着かれてから、ホテルを探している場合、一報下されば、ホテルを提案する事ができます。

気軽にメール、又は、お電話下さい。
連絡先は、会社案内ページをご参考下さい。

また、提携先のホテルにおきましては、格安で提供が可能です。お見逃し無く!
* * * * * * * * * * * **
* Ashok Hotel (アショカ・ホテル)
インドらしい感のあるホテル。大きな庭や緑が多くて、インドを満喫できる。

* The Ambassador hotel
少し古くなっているが、老舗のホテルの一つ。

* Inter continental (インターコンティネンタル)
5スターの一流ホテル。

* Hotel Imperial (ホテル・インペリアル)
コンノート・プレイス(中央ショッピング街)の少し脇のジャンパース通りに位置し、ショッピングを楽しみたい人にはなかなかのロケーション。

* The Oberoi (オベロイ・ホテル)
ロビーも美しく、洗練されたホテル。味の洗練された中華・イタリアン・日本料理などのレストランも揃い、高級層の人気のホテル。

* Le Meridien (ル・メリディアン)
コンノートに近い場所に位置している。モダンな雰囲気のロビー。ホテルの部屋は突き抜けにある壁脇に位置していて、どこからでも部屋のドアを一望できるのが面白い趣向。

* Maurya Sheraton (モウリャ・シェラトン)
超一流のホテルとして名高い。サービスも一流。
空港〜中心街への中間に位置しているので、場所は緑が多い。

* Qutub Hotel (クトゥブ・ホテル)
高級ホテルの割りに安いが、メンテが悪いようで、古くなってきている。高級感を求める日本人観光客は少しコンプレインが出ている様。

* The Taj Mahal Hotel (タージマハル・ホテル)
インド門に近いデリー官庁の役人住宅街付近に位置し、高級なホテル。インドっぽさをアピールしたロビーも美しい。

| ホテルの手配について | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://indotour.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
宮城県丸森町エリアガイドに関する有益な情報をお探しの方必見です!!
宮城県丸森町エリアガイド案内 | 2007/05/09 4:17 PM
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/21 3:06 PM
トラックバック
ニューデリーのことをまとめてみました。
聖賢の国インドweb | 2007/10/03 4:10 PM