<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
タージ・マハル(アグラ)
「インド」と言えば、そう、タージマハル!
皆さんはもう見に来られましたか?白い宮殿を思わせるこの建物。世界遺産。
ここを訪れた時、ガイドは誇らしげに言う事が多い。
「これは宮殿ではなく、お墓なんですよ。それも愛の象徴!」と。

タージマハル

< いろいろな逸話 >
そう、この建物は、ムガル帝国時代の王、シャー・ジャハーンが愛する后の為に建てたというお墓なのだ。愛する妻が遺言に残して、王に依頼したと言う愛の象徴。

それもこれは、インドをイスラム教が支配していた時のイスラム教の建築なのです。
この建物にまつわる逸話も、びっくりなものも多いので、楽しみに聞いて下さいね。

< タージマハルの周辺 >
今でも、インドの田舎の臭いがします。ガタガタの道に、車の脇を人力のリキシャが走り、車、馬車、牛など、ゴチャゴチャ。
そこにこんなに素晴らしい場所が急に現れる。
インドの田舎をいっぱい見て下さいね!

< 交通・その他 >
デリーから、
飛行機で35分
車で、約6時間(2001年までに来られた方は道が、ガタガタだったと思いますが、今は高速ができましたから、10時間ではなくなりました)
電車で2時間。

入場料は、一人 750ルピー 
休日:金曜日
− − − − − − − − − − − − − 
申し込み・その他のお問い合わせ受付窓口について

会社名 : Peepal Travel Pvt.Ltd
受付者名:Manoj Prakash
住所:Nathu Singh complex,92B/5−2nd floor,Munirka,New Delhi,India
mail address: naturemax@msn.com (日本語可)
        naturemax@infoseek.jp(日本語可)
口頭でのやりとり・混乱を防ぐ為に、まずはMAILでのお申し込みをお願い致します。
申し込み方法は、こちらをどうぞご覧下さい。
素早く対応させて頂きますので、どうぞご安心を!
| 各地の観光について | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://indotour.jugem.jp/trackback/12
トラックバック
無料で下着ライン、チラリズム溢れる画像、動画が見れるポータルサイトです。
パンツのライン | 2007/04/08 11:36 AM
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/04/08 5:10 PM
トラックバック
??? ???)は、インド北部アーグラにある総大理石造の廟|墓廟建築。1632年着工、1653年竣工。1983年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、ペルシャやアラブ、果てはヨ
世界遺産に行こう | 2007/10/07 8:50 AM